徳島大学の研究特集

【終了】セラノスティクスのための光線力学療法薬剤の開発

研究期間 2020/4/1 - 2021/3/31
研究課題名 【終了】セラノスティクスのための光線力学療法薬剤の開発
カテゴリー 全てのクラスター研究クラスター一覧医学終了した研究クラスター基礎臨床薬学創薬バイオバイオ理学化学
SDGs 3.保健 9.イノベーション
クラスター長氏名 八木下 史敏(大学院社会産業理工学研究部、理工学域、助教)
所属する研究者氏名 高山 哲治(大学院医歯薬学研究部 医学域 教授)
六車 直樹(大学院医歯薬学研究部 医学域 准教授)
今田 泰嗣(大学院社会産業理工学研究部 理工学域 教授)
八木下 史敏(大学院社会産業理工学研究部 理工学域 助教)
長宗 秀明(大学院社会産業理工学研究部 生物資源産業学域 教授)
田端 厚之(大学院社会産業理工学研究部 生物資源産業学域 講師)
髙成 広起(ポストLEDフォトニクス研究所 特任講師)
加治佐 平(ポストLEDフォトニクス研究所 特任講師)
長谷 栄治(ポストLEDフォトニクス研究所 特任助教)
鈴木 昭浩(ポストLEDフォトニクス研究所 特任研究員)
研究概要

光により薬理活性を時間的・空間的に制御可能な光線力学療法(Photodynamic Therapy; PDT)は、がん細胞を非侵襲的に破壊可能な優れた医療技術である。既に臨床応用されている光増感色素が知られているものの、いくつかの課題が残されており、新規PDT薬剤開発を含む新たな治療技術の開発研究が精力的に行われている。一方、がんにおいて、診断(Diagnostics)と治療(Therapy)の標的は同一であり、分子イメージング診断から分子標的治療までの一連の医療行為を効率的に行うことで様々なメリットが期待できる。本研究クラスターではTheranostics(Therapy + Dianostics)の実現に資する薬剤開発に取り組み、がん治療におけるQOL向上を目指した新しい光治療法の社会実装研究を推進する。

研究概要図


※画像をクリックするとPDFが開きます。

研究者の役割分担 高山 哲治:In vivoでの機能検証
六車 直樹:In vivoでの機能検証
今田 泰嗣:PDT試薬の開発
八木下 史敏:研究総括・PDT試薬の開発
長宗 秀明:アッセイ系の構築・In vitroでの機能検証
田端 厚之:アッセイ系の構築・In vitroでの機能検証
髙成 広起:分光分析評価・In vitroでの機能検証
加治佐 平:分光分析評価・In vitroでの機能検証
長谷 栄治:分光分析評価
鈴木 昭浩:In vitroでの機能検証
ページトップへ