徳島大学研究クラスターの研究や支援について

ホーム研究クラスターについて

研究クラスターについて

本学では,徳島大学改革プランを策定し,「徳島大学の理念,目的,目標と基本方針」のうち理念に基づいた目的MTP(massive transformative purpose)として,1)人類の健康を守る画期的な医療・福祉を実現するために,成果を論文として発表し,さらに社会に還元するために,様々な医療技術,医療製品,医薬品などを開発すること,2)人類の問題を解決し,研究成果を社会に迅速に還元し,国際及び地域社会の平和な発展に貢献すること,を掲げている。 この実現に向けた研究を推進するためには,学部や研究分野を超えた横断的研究を行うなど,大学として新たなイノベーションを創出できる環境を作る必要がある。 ついては,分野を超えた複数の研究者からなる研究集団(研究クラスター)を組織し,研究費を効果的に配分するとともに,本学の理念実現に貢献できる研究を選定・支援する体制を構築する。

【参考】ポンチ絵(研究クラスター)