徳島大学の研究特集

1704039 糖尿病の根治を目指す細胞治療プラットフォームの構築(船木真理)

研究課題名 1704039 糖尿病の根治を目指す細胞治療プラットフォームの構築(船木真理)
カテゴリー 全てのクラスター、研究クラスター一覧、登録クラスター、医学、基礎、臨床、バイオ、生物
クラスター長 船木 真理(徳島大学病院 糖尿病対策センター・センター長・特任教授)
所属する研究者氏名 島田 光生(徳島大学大学院医歯薬学研究部・教授・消化器・移植外科学分野)
池本 哲也(徳島大学病院・特任准教授・安全管理部)
森根 裕二(徳島大学大学院医歯薬学研究部・准教授・消化器・移植外科学分野)
居村 暁(徳島大学病院・特任教授・地域外科診療部)
岩橋 衆一(徳島大学病院・助教・消化器・移植外科)
齋藤 裕(徳島大学大学院医歯薬学研究部・助教・疾患治療栄養学分野)
松久 宗英(徳島大学 先端酵素学研究所 糖尿病臨床・研究開発領域・教授・診療分野)
黒田 暁生(徳島大学 先端酵素学研究所 糖尿病臨床・研究開発領域・准教授・診療分野)
高成 広起(徳島大学病院 糖尿病対策センター・特任講師)
音井 威重(徳島大学大学院社会産業理工学研究部・教授・石井農場)
谷原 史倫(徳島大学大学院社会産業理工学研究部・特任助教・石井農場)
研究概要

国際的かつ地域の健康課題である糖尿病を克服するために、膵β細胞傷害の本質的治療法の確立、新規メカニズムの治療法の開発、さらに合併症の重症化阻止が求められている。
1型糖尿病を初めとする重症糖尿病の根治は、失われたインスリン分泌能を復活させ、糖尿病状態から健常な状態に再生することで初めて達成できる。インスリン分泌能復活を目指し、膵臓移植や膵島移植などが開発されてきたが、現状は課題が残る一方で期待されたレベルの成果が挙がっておらず、普及していない。更に移植においては免疫学的拒絶反応から移植臓器及び細胞を守るため長期に渡り免疫抑制が必須であり、かつ自己免疫応答の再来による移植組織への傷害も同時に克服すべき課題である。 しかし長期に渡る免疫抑制剤使用は、膵島への毒性・易感染性・悪性腫瘍発生のリスクを伴う。本研究クラスターでは膵島様細胞(インスリン産生細胞Insulin-producing cells:IPCs)の同種移植の普及による糖尿病根治をめざし、深刻なドナー不足の状況の根本的な解決につながる、間葉系幹細胞からのインスリン分泌細胞作製技術を樹立する。また、間葉系幹細胞の持つ免疫抑制作用を利用して安全かつ効率的な免疫抑制療法の開発を行う。さらに移植細胞の拒絶応答や自己免疫応答からの傷害を早期に診断するための新規技術を開発し、移植の定着率を高めることをめざす。これらの技術を総合し、糖尿病の根治を目指す革新的な細胞治療プラットフォームを形成する。

研究概要図
研究者の役割分担 船木 真理:研究統括、休眠間葉系幹細胞プロジェクト統括、データ管理
島田 光生:IPCsプロジェクト統括、データ管理、IPC分化誘導
池本 哲也:IPCs分化誘導、IPCs機能実証試験、IPCs移植実験、データ管理、結果分析
森根 裕二:IPCs移植実験、結果分析
居村 暁:IPCs分化誘導、細胞管理、IPCs機能実証試験
岩橋 衆一:IPCs分化誘導、細胞管理、ブタ飼育管理
齋藤 裕:IPCs移植実験、血糖管理、IPCs機能実証試験
松久 宗英:膵β細胞傷害早期検出プロジェクト統括、膵β細胞傷害早期検出系の構築、データ管理
黒田 暁生:膵β細胞傷害早期検出系の構築、臨床研究の実施
高成 広起:休眠間葉系幹細胞の臨床応用に向けた培養系構築、結果分析
音井 威重:遺伝子改変モデルブタ作成・ブタ移植実験 総括・管理・解析
谷原 史倫:遺伝子改変モデルブタ作成・ブタ移植実験管理・解析
研究期間 2017/4/1 - 2020/3/31